人を知る -先輩社員の声- オリジナルユニフォーム営業 人を知る -先輩社員の声- オリジナルユニフォーム営業
人を知る -先輩社員の声- 人を知る -先輩社員の声- オリジナルユニフォーム営業

T・Kさん2010年入社/日本大学 生物資源科学部森林資源科学科卒

ユニフォームメーカーの
強みを活かす

入社を決めた理由

就活の中で、「好きなものを売る仕事をしたい」と思うようになった

衣服にそもそも興味があり、アパレルに携わりたいと思っていました。大学では緑地環境を専攻していたので、ゼネコンなど幅広い分野を受けましたが、何社か回るうちに就活の趣旨が変わっていったのです。「好きなものを売る仕事を見てみたい」と感じたのがきっかけでした。当時の僕には、アパレルというと小売業や販売職のイメージが強かったのですが、実際に話を聞いて、当社がユニフォームのメーカーであり、法人を相手にするB to Bの仕事ということがわかりました。それは、自分にとって大きな魅力のひとつでした。不思議なのですが会社説明会で話を聞いたときに、「こういう仕事がやりたかったんだ」と、ビビッときたんです。これまでにない体験で、すでに他社の内定を頂いていましたが辞退し、これ以上のところはないと決断しました。

現在の業務

あのユニフォームを手掛けたのは自分たちなんだという誇り

現在の業務はオリジナルユニフォームを提案する営業です。入社して2年間は、直接ユーザーへ自社カタログ掲載商品を販売する部門で仕事のイロハを学び、2012年より現在の部署に配属となりました。大手のファミリーレストランや航空会社、都市銀行など、誰もが知る企業のユニフォームも担当しています。一見、華やかな仕事ですが、日常の9割はお客様を陰で支える裏方の仕事です。表からは見えない着実な仕事を積み重ねていく毎日ですが、それが楽しさでもあります。担当した航空会社の制服が変わった日は、チーム皆で空港まで見に行きました。新しいユニフォームとしてお披露目される瞬間は言葉に表しがたい感動があり、この仕事をやっていて良かったと実感します。「あのユニフォームを手掛けたのは、自分たちなんだ」と、誇らしい気持になりました。

あのユニフォームをやっているのは自分なんだという誇り
自分が思う会社の強み

メーカーならではの具現力・総合力がこの会社の強み

営業は人対人の仕事ですが、実はこの仕事は個人戦ではなく総合戦なのです。営業の背後にはデザイナーをはじめ、生産、管理など、さまざまな部署の担当者がいます。皆と連携しながらチーム一丸となり、会社の総合力で提案していくのです。そのためには、お客様の窓口となっている営業が時にはお客様にもまだ見えていない課題をいち早く見つけ出し、咀嚼して、適切に社内に伝えなければなりません。曖昧だった要望も素材や色、形に落とし込んでいき、具体化していくのです。同時に、「納期や予算の制限がある中でどこまで最適な仕様にすることができるか」など、社内と綿密に調整していきます。大手企業の受注の際はコンペになります。有名百貨店など競合は多く、簡単に勝てる世界ではありません。お客様の抱える問題点をどう解決できるかメーカーならではの、ゼロから企画を組み立てて提案できる強みを活かすことが肝心です。大きな仕事でプレッシャーを感じることもありますが、お客様の要望に合った機能・デザインを提案し、受注できた時の喜びはひとしお。自信にもなります。

メーカーならではの総合力がこの会社の強み
職場の雰囲気

若い世代がリードしていくことが求められる環境

サンペックスイストは、2014年にサンペックスとイストが統合してできた会社です。統合前の両社は競合相手でもありましたが、今は互いの持つ貴重な情報や経験を共有できています。活発に意見交換できる環境になった今、これまで以上に僕たち若い世代が意見発信することを求められていると感じますし、これから入社してくる後輩にも僕らと一緒に積極的な発言をして会社全体を活性化させてくれることを期待しています。

この2年間でより活発になっている社内の雰囲気
就活生へのメッセージ

若くてもチャンスが与えられる職場

一口にユニフォームと言っても、お客様は飲食店から病院、銀行、食品工場など多岐にわたります。さまざまな業界や企業に触れることで、幅広い知識、学ぶ姿勢、対応力を培うことができます。でも最も大切なのは、好奇心と何事も素直に受け入れる姿勢でしょうか。また、他社では百戦錬磨のベテランが担うような仕事を若いうちから経験することができます。難しいけれど、面白い仕事です。総合的に勉強できる、得るものが多い環境だと思います。実際に好奇心が刺激される毎日です。僕も休日は外へ出かけていろいろなユニフォームをチェックするようになりました。いい意味での公私混同を楽しんでいます。

主な一日のスケジュール

  • 8 : 30
    出社
    週に3日、課内ミーティングがあります。業務の進捗状況を確認し、課題などを指摘し合います。「今日はこれをやるぞ」と気持もスイッチ・オン。
  • 9 : 30
    アポイントメント
    と準備
    午後に訪問する相手先のための準備を行います。提案資料をまとめたり、電話でアポイントをとったりする時間に充てることが多いです。
  • 12 : 00
    昼食
    訪問先の最寄り駅周辺でとります。新しいお店を開拓するのも楽しみのひとつです。
  • 13 : 00
    商談
    お客様との商談は単独で行く場合も、上席に同席してもらう場合もあります。何度も丁寧な打ち合わせを重ねて、ユニフォームを形にしていきます。
  • 15 : 00
    仕入れ先訪問・
    リサーチ
    お客様の話を受けて、仕入れ先を訪問し、ご要望に応える素材があるかどうか確認します。さらにお客様の実店舗に足を運び、ユニフォームの着用現場を確認します。
  • 17 : 00
    社内ミーティング
    訪問先で収集した情報を部内で報告し、共有します。他の部署とも共有し、意見交換する場合もあります。
  • 18 : 30
    退社
    メールをチェックし、明日の準備をして退社します。

人を知る -先輩社員の声- INTERVIEW 人を知る -先輩社員の声- INTERVIEW

サンペックスイストで働く魅力・やりがいとは。各部署で活躍する先輩社員に聞きました。